広告

水瓶座の時代に起こることとは?

おはようございます☀️
ほしのすけです。
2020年は水瓶座時代の予行演習だということはブログにも書きました。
今日は、今年から2023年の動きと2023年から2043年にかけて水瓶座の時代に起きることの予測を行いたいと思います。

①獅子座の要素が必要になること

1つの時代は木星以遠の星のサインチェンジや
土星木星のグレートコンジャンクションのサイン(どこで起こったか)に反映されています。
冥王星が山羊座に入った2007年後半あたりから山羊座や活動宮の星座にスポットライトが当たっていました。
活動宮の星座は山羊座、蟹座、牡羊座、天秤座になります。
冥王星は山羊座にて、権力や経済といったものの破壊と創造を行ってきたと言えます。
2008年から2020年現在まで、世界規模でリーマンショック、チャイナショック、コロナショックなどが起こり、天王星が牡羊座(活動宮)に入ることで日本では東日本大震災が起こっています。
そして冥王星は負債にも関わっていて大きな経済的ショックが起こるたびに世界の中央銀行の負債は増え続けました。
中央銀行がいろいろな経済的なショックを吸収することで世界経済は長らく低調ながら成長を続けています。
 2020年末に土星木星が水瓶座にて200年周期の風の時代を迎えるのと2023年に冥王星が水瓶座にて約20年間滞在するため、今度は活動宮ではなく水瓶座と不動宮にスポットライトがあたります。不動宮の星座は、水瓶座、獅子座、牡牛座、蠍座です。
山羊座がピンチに陥った時、反対側の蟹座の力を必要とするのと同じで、獅子座が水瓶座から必要とされ、今後の社会の変化を一緒にリードしていく存在になるのではないかと注目しています。
ちなみに私が使っている令和のホロスコープはアセンダント が獅子座から始まります。
私は獅子座的な要素が時代を生きる態度として現れている気がしています。

②太陽星座水瓶座は試練の時を迎える

冥王星が山羊座に入った時に、太陽星座山羊座の人や山羊座に何かしらの天体を持つ人は、大変な人が多かったです。
世界的な不況に巻き込まれたり、自分の仕事を根本的に見直さざるを得ない状況の人が多い印象でした。
それと同じように冥王星が水瓶座に入った時に、太陽星座水瓶座の人は根本的な仕事の見直しを迫られる可能性があります。
また水瓶座は、ネットワークやITなどにも関係しているのでなんらかのネットの大変化、AIの発展が見られる可能性もあります。
今年5Gは日本でサービスを開始し2023年−2025年までに普及し、6Gは2030年までには始まると言われています。
このようにネットワークインフラが飛躍的に発展する可能性があります。それに伴い、全く新しいサービスが登場していくでしょう。
科学技術が発展するのはいいのですがそれに人間の心がついていけないといったことも多く起こるでしょう。
たとえば今年、インターネット、特にSNSでの個人に対する誹謗中傷が問題になりました。このようにインターネットの書き込みは人間の心を反映しています。
コロナの自粛により仕事がうまくいかなくなった世間の不満が特定の個人に向かう今の風潮があります。
まだ私たち人間の心がインターネットの発展に追いついていない証拠だと言えるでしょう。
また私は、今年起こった変化、出来事に注目しています(これはまた年末に振り返ります)
なぜなら2023年からの変化は今年の延長線上にあると考えているからです。

③今年から2022年にかけて世界的な不況が起こる

もうすでにコロナによって経済成長がマイナスの国が多く、それに対して人は大きな変化を迫られています。
人の動きが経済成長に直結していたものが人が動かなくても経済成長するという変化が加速する可能性があります。
人が動かないで経済成長をするにはITの発展が必要不可欠となります。
リモートで可能なものはリモートでという変化の流れは変わらないでしょう。
その際についていけない人たちは大きな痛みを感じることになるかもしれません。
重要なのはどんな時も自分の頭で考え、変化に柔軟に対応することです。
また来年不況のアスペクトと言われている土星と天王星のスクエア(90度)はそれぞれ水瓶座と牡牛座にて起こります。
この不況はもしかしたら2000年に起こったITバブルの焼き直しになるかもしれません。
今現在、世界の株価指数の中でIT関連銘柄が多いアメリカのナスダックと日本のマザーズ指数が過去最高値近くで推移しているからです。

④2020年から2023年までの債券の動きとベーシックインカム

世界各国の政府や中央銀行の負債は今後も激増し、債券バブルの崩壊につながる可能性があります。
しかし今後は、インフレを抑制しながらMMTなどの議論によって国民一人一人のベーシックインカム導入の流れになるかもしれません。
この流れは、今年世界で明確になった可能性があります。
冥王星が水瓶座に入る2023年までに明確になると予測するのは水瓶座は平等という理想を掲げた星座だからです。
ほしのすけは社会占星術を使い、社会を先見性をもって個人と共に鑑定しています。
社会の中にいるのは一個人で、個人の成長は社会・人類の発展につながっていきます。
個人の精神的な成長・発展を最終的に達成できるような鑑定を行なっていますので興味がある方はこちらをどうぞ

 

占星術師ほしのすけのホロスコープ個人鑑定

ZOOMを使った鑑定、メール鑑定をはじめました。
海外からのご依頼にも対応しています。
(現地の時差に合わせます)

当ブログの管理人ほしのすけが、ひとりひとりのホロスコープを読んで個人の過去、現在、未来を鑑定します。
個人面談の場合は、直接お話しすることでより深く、具体的な鑑定アドバイスをすることができます。

社会占星術 冥王星水瓶座時代
よろしければシェアお願いします
広告
この宇宙の下で社会、経済、個人を読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました