広告

天邪鬼のアスペクト

ホロスコープには、天邪鬼のアスペクトというものがあります。

 

例えば、とても好きな食べ物があるとしてそれを好きと言えない人が天邪鬼といえます。

 

特に、水星と月のスクエアがある人にそれが現れています。

水星はコミュニケーション、情報処理で、月は内面を表すので当然一筋縄ではその人の内面はわかりません。

 

本当はどう思っているの?とか付き合いが長くなければ初対面ではわからない場合が多いです。

 

特に月星座蟹座、水星星座天秤座という組み合わせのスクエアが天邪鬼の場合が多いです。

 

天邪鬼な人とコミュニケーションを円滑にしようと思うと二面性に注目しなければなりません。

スイッチの切り替えとその人の癖や反応をみるとよくわかると思います。

 

家と外ではギャップがすごいのもこの組み合わせかもしれません。

(月星座天秤座、太陽星座天秤座に対して水星星座蟹座の組み合わせは特にそうかも)

 

人がわからないのは多面的な側面があるからなんですね。

それを前提に相手を理解をしていったほうがいいです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました