広告

天秤座という星座について

天秤座

占星術でいう天秤座の基本的な要素として
9月23日~10月23日生まれ
12星座の7番目に位置している(7ハウスを担当)
二区分……男性星座
四元素……風の星座宮
三要素……活動宮
守護星……金星(年齢域は7歳から15歳)
副守護星……なし

天秤座は万人ウケするキャラクター

獅子座では人生における「What」を探し、乙女座ではそれを生かすための「Haw to」を身につけ、天秤座では広く浅くの人間関係を通じて「Where」を見つけることに専念します。

そのためには多くの人間と公平に接しなければなりませんでした。

多くの人間に公平に接するということは八方美人になりがちです。
しかしその八方美人は初対面では非常に付き合いやすい印象を持つでしょう。

世の中では天秤座的な万人ウケするキャラクターの存在はなくてはならない社会の潤滑油となるのです。

社会人になるとまずは学生時代の独善的な発想や個性などは押し込めて、社会の一員になるためにある程度ですが個性を矯正します。

それは社会人としての基本的なマナーを覚えることであったり挨拶であったり、身だしなみをキチンとすることであったりします。

そういう外面的なものを重視する星座が天秤座なのです。

誰もが納得する客観的な美を求める

天秤座の守護星は金星で同じ守護星を持つ牡牛座の金星とは少し違います。

金星を美ととらえるならば、牡牛座は自分自身が五感を持って実際に感じた美しさを重視します。
しかし天秤座は誰が見ても納得するような客観的な美を求めるのです。

ここでいう客観的な美とは単純な女優さんのような美しさではありません。
顔のみの美というわけではなくその人の身だしなみや清潔感というものの美しさなのです。
自分の見た目にもこだわりを持つ天秤座も多いと思います。

あと均整のとれた美という点では細かな技術がいるような工芸などの美も天秤座の領域のように感じます。
少しのズレや歪みが気になるのです。

その細部と全体を見ることに長けているのが天秤座という星座になります。
そういう意味では乙女座的な神経質な細かい作業が得意だった部分も残っているかもしれません。

八方美人であるがゆえのジレンマ

しかし天秤座は八方美人であるがゆえに人間関係がそこまで深くならないというジレンマを持っています。
その限界が見え、「Where」を探し終えると誰と?という疑問が湧いてきます。

次の蠍座は「Who」、誰と?を探す星座になるのです。

占星術師ほしのすけのホロスコープ個人鑑定

ZOOMを使った鑑定、メール鑑定をはじめました。
海外からのご依頼にも対応しています。
(現地の時差に合わせます)

当ブログの管理人ほしのすけが、ひとりひとりのホロスコープを読んで個人の過去、現在、未来を鑑定します。
個人面談の場合は、直接お話しすることでより深く、具体的な鑑定アドバイスをすることができます。

12星座の物語
よろしければシェアお願いします
広告
この宇宙の下で社会、経済、個人を読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました