広告

宿命と運命のお話

おはようございます。

ほしのすけです🌟

今日は、宿命と運命の話をします。

宿命は命が宿ると書くのですがこの「宿」は前世からのという意味があります。

つまり前世からの変えられない運命という意味です

運命とは命を運ぶという意味ですが「運」は巡り合わせという意味があります。

つまり巡り合わせの出会いということになります。

まとめると変えられるのが運命で変えれないのが宿命です。

今世の課題は占星術ではドラゴンヘッドで

その反対側にドラゴンテール、前世で得意だったことがあります。

ドラゴンヘッド やテールに誰かの太陽や星があれば今世や前世で縁がある相手かもしれません。

ですが決定論的に何もかも用意されているという考え方はあまり好きではありません。

変えられない何かを1つだけ挙げるとしたらそれは死ぬことです。

この世に生まれたら死ぬことは変えられないのです。

誰でもいつかは死ぬということを考えると運命というのは巡り合わせを加速させることはできます。

それは行動するということです。

運命は行動で変えられるということです。

あなたが死ぬその日まで何かを変えたいのであれば行動することです。

12星座でもっとも勇気のある星座は牡羊座になります。

星でいえば火星です。

火星と他の星が関係性(アスペクト)を持つとその人の行動の生かし方がわかります。

また35歳から45歳は火星期なので個人の火星は活性化されます。

この時期の人間は面白い人が多いのは行動しているからなんですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました