広告

自分の人生を生きるのは誰か?

人は、誰かのために生きている。

人は、誰かに支えられて生きている。

おかげさまで人と人の関係性は成り立っているのは間違いがなく。

 

そうであれば自分とはなんだろうか?

その答えを得るために自分探しを途方もなく探している人もいる。

 

1つの問い、

自分の人生を生きるのは誰か?

 

それは自分であり、他人ではないのは間違いがなく。

それ故に悩み葛藤する。

自分と他者との間に、、、、

 

自己と他者の間に揺らぐ生き物が人間であり。

その答えを導くものも自分であること。

そこに答えがあるようで答えはないのかもしれない。

 

矛盾して繰り返す、時代が変わってもそこは何も変わらなかったりする。

 

自分の人生を生きろ。

 

その勇気を、自由の答えを導くのは紛れもない

 

自分自身なのだから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました