広告

牡牛座という星座について

牡牛座

占星術でいう牡牛座の基本的な要素
4月20日~5月20日生まれ
12星座の2番目に位置している(2ハウスを担当)
二区分……女性星座
四元素……地の星座宮
三要素……固定宮
守護星……金星(年齢域は16歳から25歳)
副守護星……なし

火の精神性を地に落とし込む牡牛座

前の牡羊座はこの世に生まれてくるエネルギーや精神性を表していて、そのエネルギー、生命の力強さは爆発的な行動力、火の精神から始まりました。

この火の精神性を次の牡牛座は地に落とし込みます。
この世に生まれたばかりの牡羊座のエネルギーはそのままでは落ち着くことはありませんでしたので、この牡牛座では現実世界に馴染ませるような過程を踏んでいきます。

牡牛座は五感を通して世界を見る

牡牛座は五感や体、財産を表していて牡牛は全能の神であるゼウスの化身であったといいます。

私達のこの世に生まれて初めて所有した財産は私達の体なのです。
牡牛座は強い体を表しているのです。

牡牛座は五感を通して世界を見ている星座です。
見るもの、聴くもの、触るもの、食べるもの、匂うもの感じるものの全ては五感で現実世界を感じています。

なぜならそれは地の星座の特徴である現実世界を確かめる唯一の方法なのです。

個人的な価値観を大事にする牡牛座

この世には色々な世界がありその世界に触れる方法は無数にあります。

グローバルな世界という大きな存在も、ネット社会における世界も、写真に写る景色も一つの世界です。

しかし本来的な世界というのは自分という生きている人間の身の回りにしか存在しないのです。
それを体現しているのが牡牛座だと思います。

牡牛座はとても個人的な価値観を大事にします。
良いと思ったものに対しては個人の五感を通した価値を大事にするのです。

その個人的で実際的なものに対して、五感では感じれない抽象的な事象を扱うには少し無理が出てきてしまいます。
その五感だけでは世界を学ぶには不十分だからです。
次の双子座では世界を表し理解するために言葉を学ぶことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました