広告

自粛で不倫浮気が減少?!人間はますます月に戻っていく

こんにちは、ほしのすけ🌟です。

 

コロナウィルスによって世の中の不倫や浮気が、かなり減っているそうです。

そりゃ自粛中にコロナウィルスにかかってしまい行動履歴を公表されますので

浮気していたことがわかれば、その人はかなり非難をされてしまいます。

リスクは相当に高く減る理由は分かります。

 

そして家族で一緒に家にいる時間が増えると人は月の要素が強く出てきます。

太陽は外側、月は内側ですので家では月の顔が出るんですね。

自分の月星座に対して、家族の誰かの星がハードアスペクト(たとえば90度だと)

家にいることが苦痛になってきます。

リラックスできるはずの家にいるのに、常に緊張しているかもしれません。

 

それが相手のトランスサタニアの星と月がハードアスペクト(90度、0度)で

太陽水星火星金星がさらにアスペクトをとっていると尚更緊張が現れます。

(トランスサタニアは天王星、海王星、冥王星です)

 

ある意味不倫や浮気をするというのは家族関係で月が緊張している場合が多いです。

家での月の緊張を緩和するために良くない関係性をもったり極端な行動をしてしまうのかもしれません。

これを正しい方法で緩和、克服するには自分の意識を月に向けそれを癒すことが重要です。

 

自粛もこれから開けてくると思いますが

以前と同じ頻度で外に出るということはないと思います。

なのでこれからは内側の性質である月の重要性がますます大切になってきます。

 

自粛期間中はみんな月の欲求を見つめるいい機会になったのではないでしょうか?

あなたの月のインナーチャイルドは、時代が変わる中でどんなことをしたいと言っていますか?

そこに人生の動機があり、始まりがあり、月の欲求が満たされなければ人生は満たされないのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました