広告

2019年12月からの大きな流れ

来年からは時代の大きな流れがやってくる。

そのスケジュールを少し記しておこうと思う。

(イングレスとはその星座に移ること、コンジャンクション は0度で重なること)

 

まず2019年12月3日に木星が本来の星座宮である射手座から山羊座にイングレスする。

この時のエネルギーは火から土のエネルギーで

大きく膨らんだものや増やすエネルギーが土の山羊座で一段落する。

 

そして2019年12月26日に山羊座の新月を迎える

この新月はいつもの新月とは違い金環日食であり通常よりもパワフルな新月です。

(この新月は後日、詳細を読んでいきます。)

 

また2017年12月の土星が射手座から本来の星座宮である山羊座に入っている。

この時も日本政府の不祥事が大きく報じられている。

山羊座の土星は不正を嫌うからだ。

 

木星は増やすエネルギーであり、土星は減らし効率化するエネルギー。

この対照的な2つのエネルギーは2020年いっぱいをかけて山羊座にて重なり始める。

 

まずは2008年から山羊座に入っている冥王星と土星が2020年の1月13日にコンジャンクション 山羊座23度

その後、火星が2020年2月16日に射手座から山羊座にイングレス。

土星はその後、2020年3月22日に水瓶座に先にイングレス。

木星と冥王星は2020年4月5日にコンジャンクション 山羊座25度、

木星は逆行などの関係で2020年6月30日にもコンジャンクション 山羊座25度

 

2020年は金星が双子座にて2020年5月12日から6月24日まで逆行する(この時、株価は大抵下がっている)

 

途中割愛するが山羊座を運行していた土星木星は

年末の 2020年12月22日グレートコンジャンクションする。

これは2019年12月の山羊座の金環日食の約一年後になります。

 

このエネルギーが示すものは何なのか?

いずれにしろ2020年は転換点であることに間違いはない!

 

山羊座に影響力の大きな惑星が集まることをステリウムといいますが

そのステリウムを今年の山羊座の日食図と来年の春分図をもとに大胆予想していきます。

 

太陽が牡羊座に入る春分は3月20日12時51分

この春分図を読むための面白い講座を2020年1月に企画中です。

京都にて開催予定ですが日程と場所は後日発表します。

 

ほしのすけと一緒に時代の大きな流れに乗っていきましょう。

 

風の時代、水瓶座時代のキーワード
この記事は大きな社会の流れを読む社会占星術の記事になります。 昨日の投稿では2020年の時代の流れをおさらいしましたが 冥王星が水瓶...

コメント

タイトルとURLをコピーしました